乾物エリンギ

乾物エリンギという言葉でピン! と来る方って、どれほどいるのでしょう?

最近、頂いたモノの中に「干したエリンギ」というものがあります。
「どんこ」がシイタケの乾物なら、頂き物はソレのエリンギ版というものです(多分…)。

長野の知り合いからの頂き物なんですけど、困ったことに使い道がわからない。
「どんこ」のように水で戻して使うのかな? だとすると、煮物向け?
ひょっとして戻し汁とか活用できたりするの?
戻すだけ戻して、あとは生のエリンギと同様に扱っていいのかな??
……などなど考えながら、ほったらかしにしていたわけですが(^_^;)

そんなこともあって、その乾物エリンギの存在をスコーンと忘れていたのです。
ところが今日、ある拍子に思い出されたんですね。

というのも、「ダーリンは外国人」を書かれた小栗左多里さんの作品「母に習えばウマウマごはん」というのが店頭に並んでいたので早速買って、ボ~と本を読んでいた最中の話なんですけど。実は、その中に「エリンギ丼」というのが紹介されていたんです。
ひっかかるものを感じて、家を見回したときに例の「乾物エリンギ」が目に飛び込んできたんです。ええ、タイムリーなことに。
でも…乾物エリンギの使い方なんて知らないです。頂いた知り合いに聞くほどのことでもない気もしますしね。…ネットで検索するのもチョットなぁ……(._.) どうしよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック