テーマ:パレドゥロワイアル

悲恋もありか!?

う~む…。ついにパレロワ攻略のガッツが湧かんかったよ、この1週間。 残すところヴェンツェルとバスティアン……。 正直…どうでもいい感じだな、このふたり。思えば、本編でもバスティアンは放ったらかしにして終わっちゃってるし。 でもヴェンツェルは嫌いじゃないよ。好きでもないけど。見事に中間。 オベルジーヌじゃないけど「美しいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(12)

退廃した領主:エピドートのお話。 クリアまでに要した時間が、驚きの1時間未満(自分の中では最速)。 しかも配下騎士がアートルムひとりで何とかなっちゃうあたり、これで良いのか?って思えるほど、やけにあっさりとした勝利でした。 ユーグ? 気が付いたら居なかったんですよね。 ボッサ~~ッと遊んでたから、契約更新をスッカリ忘れち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(11)

貴紳オベルジーヌと、将軍シルヴェストルのお話。 あああぁ(感嘆)…ようやっとオベルジーヌでクリアできたよ~ ⊃o^)ノシ だってパレロワ買ったのナス殿のためだも~ん!…とチビ司教…の為…。 う~ん! テンション上がるなぁ!! 事業投資をあれこれ試していく根性は、ひとえに「世界樹の迷宮」最下層攻略で鍛えられたかもしれないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(10)

前々回の黒貴族の話をパレロワ(9)として、カウントしまして。 愛と憎しみ(笑)は、攻略ではありませんので、まったくの番外的な位置づけで。 今回の(10)は筋肉公:ヴェンツェルのお話。まだクリアしてないんだけどね。 言いたいことが出てきたので、言いますよ。 …というのも、まず何も考えずに普通に遊んでいたとき。 1周目で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と憎しみ(笑)

このタイトルの意味が分からないですよね。とりあえず協会のお話ということで。 そもそもですね。パレロワ(王位争奪戦)に司教さんは参加こそしておりませんが、ことあるごとに審判役などで登場はしておりますよね。 何が言いたいのか…と申されますと。 つまるところ、全くの不参加ではないということになるわけですよね。 …協会に乗っ取ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒貴族

闇王:黒貴族のお話。 先日より、黒貴族の攻略法を教えて頂いたとめち様には三度の感謝を。 確かに、黒貴族の事業投資はオール「6」を過不足なく注ぎ込まないと、即暴動が発生してしまいますね(特に前半は確実に発生しちゃってましたから)。 さて、攻略についてですが。 当初、隣接するグリューネベルク領主のエピドート卿については…資金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(8)

女領主:アデライードのお話(「アデラ姐さん」と呼ぶのがマイブーム)。 エプヴァンタイユ以北の領主たち。 フィーリア以外では誰一人としてクリアしていないことに気付き、ようやっと着手してみたのがアデライードだったわけなのですが。 彼女に対しては、好きも嫌いもないせいで、最初から「気が向いたら攻略すればいいや」という気概でいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(7)

油断してもしなくても、す~ぐ資金不足になっちゃうベルジュロネット。 本編で、しょっちゅうフィーリアに資金要請する理由が分かるね。 願わくば、どこか暇を持て余してる領主殿に資金「提供」して頂きたいですよ。 ホントにもう…。…って、多分どこの領主も余分な資金はないだろうと思いますが。  オベルジーヌ最大の課題は「資金繰り」!…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(6)

宰相とリュシアンのエンディングについて。 ふたりの共通点といえば、しつこいですけれど資金が豊富なところですか。 結論から言えば、パレロワは資金の有無が難易度を決めてますよね。それは亡霊領主のロドヴィックにも言えることでしたし、盲目領主のクレメンス(賢者の二つ名を持つほどの頭脳が領地運営をスムーズにしてましたから)にも、ほぼ同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(5)

盲目領主:クレメンスのお話。 彼以外の領主を主人公として選ぶと、2ターン目でグイードを失い、だいたい25ターン前後でクレメンス自身もまた、名誉失墜で失踪してしまいますね。 それというのはレミーが、ず~~っとミルトンで「工作」しまくってるからであって。これは主人公として選んだ場合も変わらないことだったわけですが。 そのレミーもラ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(4)

「パレドゥロワイアル」で主人公を黒貴族にした場合、当然ですけれど彼の領地:マンハイムを治める必要がありますよね。でも…… なんだか異常に難しくないですか?  何をやってもムダみたいな感じで。 まず徴税について…重課をすれば暴動の発生が早まります。通常の徴税でも、然るべき時にきっちり発生します。軽徴でも発生します。 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(3)

亡霊領主:ロドヴィックのお話です。 サンミリオンはさすが貿易都市です。資金面一切の苦労がなかったですよ。 資金面以外での苦労といえば、強いて言うならロドヴィックの騎士としての「格」の低さだけでしょうね。雇用できる騎士に制限がでてきてしまいますから。 でも、領主の「格=名誉」は領地運営で自ずと上昇するので、中盤以降はエヴァン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パレドゥロワイアル(2)

当初の予定では、オベルジーヌこそが最初に王冠を頂くはずだったけどね。 ベルジュロネットの「財政難」という壁がドォーン!! と立ちはだかって、しかもそれが不動なものだから、情けなくも途方に暮れるという状態に陥ったりなんかして。 …で、勝手知ったるフィーリア姫に鞍替えしてみました(ひょっとしたらベルジュロネットの財政難を解決するヒン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麗しのナス殿

今日、ようやくパレドゥロワイアルが手元に届きました(他の商品と抱き合わせだから、手配が遅れてしまったのだと思います)。 麗しのナス殿…「パレドゥロワイアル」に登場するオベルジーヌのことですよ? だって、ふふふ…オベルジーヌってフランス語で「ナス」でしょう? とりあえず、タイトル通り選択した主人公はオベルジーヌ! さて、早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more